足にできる感染症である水虫を治す薬|トラブルを改善

病院

爪にできる感染症

聴診器

足の病気で代表するのが水虫です。この水虫になることで足に痒みが発生すること、足の指が荒れてしまうなどがおこります。また、足の水虫を何十年も放置すると今度は「爪水虫」と言われるものに悩まされます。この爪水虫とは、名前の通り爪と指の間に水虫の菌が繁殖する症状です。爪水虫自体は、水虫にように痒みが発生するなどはありません。ですが、爪水虫を放置することで、爪が変形することや太くなってしまうなどの症状が表れます。この症状になることで、指に負担を与えてしまい歩く度に痛みを感じるのです。だから爪水虫の疑いがある人は早急に皮膚科などで治療を受けましょう。また、爪水虫も感染症となるため、自分以外の人にも発症します。例えば、小さな子供がいる家庭の場合は、水虫という悩みを幼い子供に与える危険性もあるので早めに治療することは大切です。

様々な人が悩まされている爪水虫は、塗り薬では治しにくいです。その理由は、爪水虫は爪の間に発生するトラブルです。そのため、塗り薬では爪の奥まで繁殖している水虫菌を退治することができません。だから爪水虫を治療してくれる皮膚科では、飲み薬を処方してくれるのです。飲み薬なら身体の中から効果を与えてくれるので、塗り薬では奥まで効果を与えられない爪水虫でもしっかりと治してくれます。また、飲み薬は基本的に錠剤タイプとなるので、粉末タイプのように苦味を我慢することはありません。味がないので気楽に飲めるメリットもあります。